マシュマロビーナスでバストアップ

マシュマロビーナスはバストアップサプリメントです

サプリメントといってもゼリー状になっているので、錠剤が苦手な人でも問題なく水なしで美味しく食べられます。

マシュマロビーナスでバストアップできるのは、低分子化発酵プエラリアなどの成分を配合しているからです。プエラリアにはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用を持ちます。

胸を大きくするためには脂肪を溜め込むだけでなく、乳腺を発達させなければなりません。脂っこい食事だけして乳腺が発達しなければ、脂肪はお腹や脚など別の部位に蓄積してしまいます。エストロゲンには乳腺を発達させる働きがあるため、プエラリアはバストアップサプリメントの定番の成分です。

ミロエステロールとデオキシミロエステロールというイソフラボンよりも高い効果を発揮する成分も含まれています。発酵させるのはプエラリアの栄養価を高めるためで、低分子化することで吸収率をアップさせています。またアグアヘというアマゾン原産のフルーツも配合しています。アグアヘにもエストロゲンと似たような作用があり、トコフェロールも含んでいます。

トコフェロールはビタミンEのことで、高い抗酸化作用がシミなどの肌の老化を防ぎます。トコフェロールとはギリシャ語で「妊娠する」という意味を持っており、女性ホルモンと深い関わりがあります。ビタミンEそのものは女性ホルモンとして作用することはありませんが、脳内の血流を良くして視床下部の働きを高めればホルモンバランスを整えることができます。

胸が小さくて悩んでいる人は、ホルモンバランスが乱れていることが多いのでビタミンEの効果が役立ちます。

アグアヘにはビタミンCも含まれているため、バストアップだけでなく美肌作りにも必要です。プエラリアとアグアへはエストロゲンの作用を高める成分ですが、マシュマロビーナスはプロゲステロンにも注目しています。メキシコ原産のワイルドヤムに含まれるジオゲスニンはプロゲステロンと似た作用を発揮します。ヨーロッパでは女性特有の悩みを解消するハーブとして愛用されているチェストツリーも同じ効果があります。

プロゲステロンにも乳腺を発達させる作用があり、生理前症候群を軽減させるので女性がホルモンバランスの変化に悩まされない生活をサポートします。コラーゲンやセラミドなどの保湿成分も入っているため、バストアップをしながら肌トラブルを防ぐことも可能です。

生理前は皮脂の分泌量が増えて肌荒れしやすい人も多いですが、プロゲステロンと保湿成分で肌の調子を整えておくと肌トラブルも最小限で済みます。特に非常に高い保湿力を持つプロテオグリカンは、貴重な成分で化粧品にもあまり配合できませんでした。

長年の研究の結果、質の良いプロテオグリカンをたくさん配合できるようになったので、肌の潤いをキープする力は期待できます。サプリメントなので好きな時に摂取して良いですが、就寝前にプエラリアを摂取すると吸収率も高いといわれています。

バストアップや美肌に重要な成長ホルモンは就寝後3時間後に分泌量が多くなるので、就寝前に摂取したプエラリアの効果も高くなります。ただし胃腸が弱い人は空腹時にサプリメントを服用すると体の負担になることもあるため、体調に合わせて飲むタイミングを調整します。早く効果を出そうと一度に決められた量を超えて服用するのは危険です。

女性ホルモンに作用する成分を多く含んでいるので、大量摂取でホルモンバランスが乱れる可能性があります。サプリメントは効果が穏やかなので即効性はありませんが、肌の調子が良くなってきているなど小さな変化を楽しみながら服用し続けると良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする