(体験談)コンシダーマルを使ってみた感想

30代に入ってから、20代の頃と肌の調子が変わってしまったことに愕然としました。

スキンケア用品を変えたわけでもなくケア方法を変えたわけでもないのに、20代の頃には感じたことのなかった肌の乾燥に悩まされるようになりました。特に口元や目元、頬の乾燥がひどく、それ以外の部分はてかりが出てしまうという混合肌で、どのようにケアをすれば良いのかがわかりませんでした。

乾燥してしまう部分に夜寝る前にたっぷりとクリームを塗っても翌日の朝には乾燥してしまい、てかりが気になる部分と乾燥してしまう部分とでのケア方法の違いに頭を悩ませていました。

気になるのは乾燥だけでなく、小鼻や頬の毛穴が目立つようになってしまいました。

洗顔をしっかり行っても毛穴の汚れは改善することがなく、鏡を見る度に毛穴の詰まりに目が行ってしまいました。自分でここまで気になるのなら他の人も同じように気になるのではないかと思い込んでしまい、次第に人と接することが嫌になっていきました。

人と話をしていてもその人が毛穴に注目しているような気になってしまい、人と顔を合わせることが憂鬱で仕方ありませんでした。そのような悩みを抱えていた時に高校時代の友人に久しぶりに会ったところ、友人の肌がとてもきれいなことに驚きました。

友人は高校時代にはずっとニキビに悩んでいた印象が強く、大人になってからもそのイメージを持っていたのですが、実際の友人の肌は白く輝いていました。乾燥知らずかのように肌は潤っていて、毛穴も全く見つけられませんでした。

思わずどんなスキンケア用品を使っているのか質問してしまったところ、友人の口から出たのはコンシダーマルという名前でした。

もともと友人のお母さんがコンシダーマルを使っていたそうで、友人はお母さんにすすめられて使い始めたそうです。

コンシダーマルはオールインワンゲルで、私は今までにオールインワンタイプのものを使った経験がありません。

勝手な思い込みですが1本で何役も果たすということが信じられず、どうしても乾燥してしまうのではないかと不安がありました。しかし友人の肌を見ているとその高い効果に納得するしかなく、私も思いきってコンシダーマルを使うことを決意しました。

届いたコンシダーマルを使ってみると、さすがにオールインワンタイプということでその手軽さに驚かされました。今までは化粧水の後に乳液やクリームを塗っていたのに、1本ですべて完了できるためお手入れにかける時間をかなり短縮させることができます。

最初に使った時はコンシダーマルの後にいつものクリームを塗りたい衝動に駆られましたが、我慢してよく朝を待ったところしっかりと潤いが維持されていました。かさつくこともなく潤いを実感することができ、使い始めてすぐにその効果にびっくりさせられました。

しっかりと潤っているのに決してべたつくことがなく、使い心地にも大満足でした。現在は使い始めてから1ヶ月ほどが経過していますが、あれだけ気になっていた毛穴がほとんど気にならなくなったのは飛び上がりたくなるほど嬉しいことです。

今までは毛穴を隠すためについファンデーションを濃くしてしまっていましたが今はその必要がなく、薄付きのファンデーションでも毛穴は目立ちません。自分の肌に自信を持てるようになったおかげか、人と接することも人前に出ることも怖くなくなりました。

さらに会社の同僚から肌がきれいになったと褒めてもらったことが、本当に嬉しかったです。

今まではチャレンジもせずにオールインワンタイプに対して勝手に苦手意識を持っていましたが、お手入れは楽なのに肌の悩みを解消することができたことに感謝しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする