商品検索

カテゴリー
商品価格
年代別
キャンペーン
送料無料
返金制度

本気でシミ対策をしたい人に薬用シミトリーはおすすめです

加齢と共に悩むようになるシミを何とかしたいと感じている人は多いものです。

なぜシミができるのかというと、メラニンと呼ばれる色素の沈着によるもので、一言でシミと言っても紫外線にあたることで発生するものや、遺伝によるそばかす、ニキビ跡が残ったり、ホルモンバランスの乱れによる肝斑などがあげられます。

鏡を見ては落ち込んだり、どんなにメイクで隠そうと思っても、頬や目の周りのシミはどうしても目立ってしまいます。

シミの対策としては、美白化粧品を試したり、レーザー治療が挙げられますが、美白化粧品の場合には効果がいまいち感じられなかったり、レーザーの場合には値段も高く、怖くてできないという人も多いでしょう。

そこで、

これ以上しみを増やしたくないと本気で考えている人にお薦めの商品が薬用シミトリーです。

薬用シミトリーは、肌の奥ふかくに潜んでいる隠れたシミや、肌表面にできてしまったシミ、なかなか消えない頑固なシミなど、すべてのシミに対し効果を発揮するシミ対策専門の美白オールインワンジェルを指します。

科学的に年齢肌によるシミの発生するメカニズムを研究していることから、日本薬学会や日本皮膚科学会雑誌などにもたびたび掲載されています。これまで様々なシミ対策を行ってきたけれども、満足できる結果が得られなかったとい人にこそ、ぜひとも試してほしいアイテムと言えます。

さらに加齢によって発生する悩みはシミだけではありません。そのほかにも乾燥肌やしわやたるみなど、様々な悩みを持つことでしょう。このような気になるエイジングサインに対して、すべてを一つのオールインワンでケアすることができれば、言うことはありません。

薬用シミトリーには効果な美容成分がたっぷりとはいっているため、たった一つあれば9役を果たすことができます。美容成分はプラセンタの10倍もの効果が期待でき、高級美容液並みのケアが可能となります。

時短しながらも年齢肌をまとめてケアできる優秀なアイテムと言えるでしょう。

薬用シミトリーを使おうと思った時に気になることは、やはりどのような成分が入っているのかということです。まず第一に美白成分としてハイドロキノン誘導体が挙げられます。

一般的なハイドロキノンは強力な美白効果があるとしても有名ですが、そのデメリットとしては濃度が高すぎることです。万が一使い方を間違えた場合には、肌に副作用が出る可能性も考えられます。そこで便利に利用できるものがハイドロキノン誘導体です。

ハイドロキノンと比べた場合には、効果は比較的緩やかなものの、副作用の心配もなく、すでにあるメラニン色素を除去する効果が期待できます。また肌が黒くなったりシミができるのを予防する働きもあります。

ハイドロキノンに次ぐ美白成分として、近年注目を集めている成分であり、薬用シミトリーにはこのハイドロキノン誘導体が含まれています。そしてポリフェノールの一種でもあるフラバンジェノールも配合されている特徴があります。

フラバンジェノールは抗酸化力が高いことでも有名で、ビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍の美肌効果があるといわれています。美白ケアやエイジングケアを行う際には欠かせない美容成分といえます。

フラバンジェノールを使うことにより、水分を維持しながらハリや弾力を与えて、シミができにくい肌へと導くことが可能です。そしてビルベリーエキスも数多くの栄養素が含まれている成分です。

ブルーベリーの仲間としても知られているビルベリーの葉から抽出されるエキスですが、ここにはブルーベリーの5倍のアントシアニンが含まれています。

アントシアニンには高い抗酸化力があり、新陳代謝を活発にしたり老廃物を除去する、肌老化を予防するなどのうれしい効果が期待できます。

そしてシミを防ぐだけではなく、肌細胞を修復する働きのあるユキノシタエキスや、抗炎症作用や美白作用、抗酸化作用が得られるといわれているカンゾウフラボノイド、アンチエイジングにも効果を発揮する成分であるセラミド3やスクワランなどが配合されていることから、年齢を重ねても潤いのある健康的な美しい肌をキープすることが期待できます。

さらに素晴らしいポイントとして、無添加処方であることが挙げられます。直接肌につけるものであることから、余分な成分が配合されていれば、肌にピリピリとした痛みを感じたり、かさかさになってしまうこと考えられます。

これらを予防するためにパラベンやアルコール、界面活性剤や香料、着色料などの添加物を除去しています。美白効果が期待できるのにもかかわらず、敏感肌でも安心して使えることはうれしいポイントと言えます。

薬用シミトリーの使い方は、洗顔をした後に顔全体により広げればよいだけと非常に簡単です。ジェルを手のひらにのせてから顔に塗ることになりますが、この時手のひらにのせて少し温めるようにしてから伸ばします。

これによりよりなじみやすくなります。浸透が終わり肌がある程度乾いた状態になってからメイクをするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする