デリケートな赤ちゃんの肌を守れるファムズベビー

赤ちゃんの肌は、スベスベとしていて触っていても気持ちが良いです。

大人の女性が美肌に憧れるときも、赤ちゃんのような肌と形容されるほど、美しく理想とされています。しかし、実際の赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、ちょっとしたことでトラブルを起こします。

赤ちゃんの肌がデリケートな理由は、大人の肌に比べると角層の水分、保湿因子、皮脂の量が少ないからです。そのため、非常に乾燥しやすいとされ、肌のトラブルが起きる原因になっています。

また、赤ちゃんがよだれを垂らしたり汗を掻いていると、ママやパパはタオルなどで拭き取るでしょう。しかし、タオルなどで強く擦って拭き取るのも、肌トラブルの原因です。デリケートな赤ちゃんの肌を強く擦ると、余計な刺激を与えてしまうからです。

余計な刺激を与えてしまえば、肌を守るバリア機能が低下してしまい、大人も憧れる美しい肌は失われてしまいます。

大切な赤ちゃんの肌を守るためには、大人と同様にスキンケアをしなければいけません。

ファムズベビーは、赤ちゃんの肌を守るスキンケア用品として、多くの助産師や施設で使われています。また、全国の自治体が配本する母子健康手帳の副読本にも、掲載されているほど信頼されている製品です。

赤ちゃんに携わる助産師や施設で使われている理由は、日本で唯一のバリア・スキンケア用品だからです。超濃密なふわふわの泡を赤ちゃんお肌に塗れば、乾燥しがちな赤ちゃんの肌を保湿して、刺激からも保護してくれます。

赤ちゃんの肌にあせもや乳児湿疹、おむつかぶれができると、医薬品を塗って治そうとしがちです。しかし、そうした症状が赤ちゃんの肌に現れたときにファムズベビーを塗れば、次第に症状が消えていきます。症状が消えていく理由は、トラブルの原因となる刺激物質から守るバリアを、肌表面に作りだしてくれるからです。

刺激に弱いデリケートな赤ちゃんの肌は、ちょっとしたホコリや雑菌、紫外線や汗などが原因で、トラブルが起きます。しかし、肌表面のバリアを強化してあげれば、刺激物質が角質層に届くことはなくなります。一度塗ればバリア効果は長時間持続するので、使いやすいのもポイントでしょう。


刺激物質を肌表面のバリアで防ぐことができれば、あとは自然に起きるお肌のターンオーバーを待つだけです。一般的に大人のターンオーバーは約4週間と言われていますが、赤ちゃんの場合は新陳代謝が活発なので、5日程度でターンオーバーが始まります。

赤ちゃん自身が持つ自然の治癒力を使って解消できるので、医薬品に頼る必要はありません。
医薬品に頼ってしまうと、副作用が起きる心配はあり、肌のトラブルが治っても別のトラブルが起きる可能性があります。

ですが、ファムズベビーはターンオーバーを利用し回復させるので、副作用の心配もありません。また、赤ちゃんの肌に塗るときは、舐めたりしないか心配になるママやパパも多いでしょう。しかし、赤ちゃんが舐めても害になる成分は一切含まれておらず、様々な試験でも刺激物を含まないことが証明されました。

新生児から使えるほど安全性の高いスキンケア用品ですし、安心して使える日本製なので、安全性について心配する必要はないでしょう。また、缶の容器に入っているので、中身は密封状態です。

ムースが空気に触れる状態だと、容器の中で雑菌が繁殖してしまい、品質の劣化や安全性の低下を招いてしまいます。しかし、密封状態の缶ムースタイプなら、雑菌が繁殖することはありません。安全性の低下を防げるだけでなく、品質が劣化することもないので、容器にも安心して使える秘密があります。

また、日本製であることは単純に信頼感があるだけでなく、日本人の肌に合わせられている面でも安心です。日本人と海外の赤ちゃんでは、肌の状態が異なります。肌の状態が異なるのに海外製の製品を使ってしまうと、高い効果は期待できないでしょう。そればかりか、肌に合わず余計なトラブルを引き起こす原因にもなりかねません。

日本で開発されているファムズベビーは、日本人の赤ちゃんの肌質を研究し、最適な成分や分量を選んで製造されています。日本の赤ちゃんの肌に合うように作られているのも、海外製より安心して使用できる理由です。ファムズベビーは、インターネットの通販サイトで購入できます。 

公式の通販サイトなら、1本1本その都度購入できますし、一定間隔ごとに届く定期購入プランも用意されています。さらにはギフトプランもあるのでプレゼントにしたり、5本と10本のまとめ買いプランまで用意されているので、最適な方法を選んで購入すると良いでしょう。

また、インターネットの通販サイトだけでなく、全国にある薬局や雑貨屋などでも購入可能です。デリケートな大切な赤ちゃんの肌を守るために、購入しやすい方法を使って購入しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする