コニフを使ったワキガ対策

薄着の季節に気になるのがニオイです。

特に汗臭さとは違う、ツンと鼻につくような独特なニオイを発生させてしまうワキガの人はしっかり対策をしていかなければならない時期ともいえます。そんな独特なニオイの発生する体質のことをワキガといいます。

ワキガの原因は、脇やへそまわり、乳首や陰部など特定の場所にだけあるアポクリン腺という汗腺から出る汗にあります。汗そのものは無臭ですが、アポクリン腺から出る汗には脂質やたんぱく質、糖質、アンモニア、尿素、鉄分などの成分が含まれています。これらの成分が、肌にいる雑菌によって分解されることで、鼻につく独特な発生します。


この汗に皮脂が混ざることでニオイはさらに強くなってしまう上、全身にあるエクリン腺という汗腺から汗と混ざり合うことで汗が蒸発するときにニオイも一緒に拡散されてしまい、体全体が臭うように感じられてしまいます。

また、わき毛があることで汗が止まり、脇の下の湿度がたまることで雑菌が繁殖して、ニオイが増加してしまうケースも考えられます。そんなワキガに対して行える簡単な方法が、清潔にすることやわき毛を剃ったり、脱毛することで雑菌を減らすなどが挙げられます。その上でデオドラント製品を使うことが効果的です。

デオドラント製品は様々なものがありますが、本当にニオイを改善したい、肌に負担のかからないものを選びたいという人にオススメなのが医薬部外品薬用デオドラントクリーム「コニフになります。


市販のデオドラント製品は、制汗スプレーはいい匂いで誤魔化すだけでニオイが混じり合うことで悪臭になってしまったり、汗拭きシートはこまめに汗を拭き取らなければならない、ロールオンタイプは何度も塗り直す必要があり、外国製のデオドラントクリームは肌に合わずに荒れてしまうということがあります。

しかしコニフは、徹底した品質管理で作られた国産のデオドラントクリームで、香料、合成着色料、エタノール、パラベン、タール系色素、紫外線吸収剤などの肌に負担のかかる成分は入っておらず、子供でも使える成分でできています。肌が弱い、敏感肌に悩んでいるという人でも使うことができます。

厚生労働省が許可した効果や効能に有効な成分が入っている医薬部外品であるということも安心できるポイントです。

具体的にワキガに効果的な成分としては、まずアルミニウムヒドロキシクロライという成分が挙げられます。ニオイをケアするためには、まずニオイの原因となる汗を抑制することが必要です。汗の分泌を抑制することでニオイを防ぐことができますが、塗ったクリームが汗で流れ落ちてしまうと効果がなくなってしまいます。この成分は汗を抑制してニオイを軽減するのと同時に、クリームが流れ落ちるのを防ぐ効果があります。

イソプロピルメチルフェノールは、ニキビケアにも使われる殺菌成分です。強い殺菌効果でしっかり消臭することができ、ワキガや加齢臭などの原因になる雑菌を減らすことでニオイを発生させない働きをします。また、同時に柿タンニンも高配合されており、殺菌防菌効果があることで、汗や古い角質の分解、発酵を抑えて悪臭の発生を抑えます。デオドラントクリームを利用したいけれど、べたつくため苦手な人もいると思います。

しかしコニフには独自技術「ポリマー乳化」という技術が使われており、べたつかせないというメリットがあります。湿気を防ぐ効果もあるため爽やかな使い心地で一日中、不快な汗を出さない効果を期待できます。


このデオドラントクリームの使い方は簡単で、効果が長時間続き肌に優しいため雑菌の少ないお風呂上がりに、1回塗れば72時間も効果が持続します。また、脇以外の足の裏やデリケートゾーンなど、ニオイが気になる部分全部に使うことが可能です。

ただし、効果の高いクリームではありますが、クリームだけでニオイ対策するのは難しいと考えられます。重度のワキガの場合には、クリームだけでは対処するのは難しいこともあるため、その場合には病院での治療をお勧めします。

それ以外の対策としては、殺菌効果のあるボディーソープなどを使うようにしたり、クレンジングオイルを使ってマッサージをして毛穴の奥の汚れを取って、時々落としきれなかった毛穴の奥のデオドラントを取り除く、体を拭くときには清潔なタオルを使います。

衣類にニオイが染み付いていることも考えられるため、服も除菌成分の入っている洗剤を利用します。洗濯槽の汚れもニオイの原因になってしまうため、一月に一回は洗濯槽の掃除をすることもポイントです。ポリエステルやナイロンだけの素材の衣類はニオイを強めてしまいます、それを避けるためには通気性のい綿や麻などの素材を使った衣類を身につけることがオススメとなります。

その他、体の内側からニオイを軽減するためには規則正しい生活をして自律神経を整えてストレスを解消する、運動をしてバランスの良い食事をとることなどが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする